エステは大阪心斎橋のコムネクリニック|皮膚科・ほうれい線
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

美容外科学
美容外科学 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美容外科(びようげか,Cosmetic Surgery/Plastic Surgery)は、人体の機能上の欠損や変形の矯正よりも、専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す臨床医学の一つで、独立した標榜科目でもある。医療全体がQOL重視の流れにあり、日本経済の成熟と医療市場の拡大により、近年注目されている医療分野である。外科学の一分野。
投稿者 小宗クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
AGA
男性型脱毛症 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
男性型脱毛症(AGA, androgenetic alopecia, androgenic alopecia, alopecia androgenitica)は、主に男性に見られる脱毛の状態である。男性の場合、この状態を「male-pattern baldness」とも呼ぶ。(訳注:「andorogenetic alopecia」は字義通りに訳せば「男性ホルモン型脱毛症」となる。「男性型脱毛症」という訳はむしろ「male-pattern baldness」に近いが、日本での通例としてこの訳を用いた)AGAの典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなる。また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となる。 女性の場合には「女性男性型脱毛症」(Female AGA, FAGA)と呼ばれる。男性のパターンとは異なり生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなる。完全な禿髪になることは稀である。 AGAには遺伝的、環境的な種々の要素が関わっている。多くの研究者がAGAのリスクとなる要素を研究しているが、その多くはいまだ不明である。リスクの一つとして特定されたものに男性ホルモン、特にジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)がある。男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要であり、また男女ともに毛髪の成長と性欲に重要な働きを持つ。
投稿者 小宗クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
コラーゲン
コラーゲン 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コラーゲン (ドイツ語: Kollagen、英語: Collagen) は、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。
投稿者 小宗クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
そばかす
雀卵斑 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
雀卵斑 (Ephelides じゃくらんはん)とは、皮膚にできる色素斑(しみ)の一つ。文字通りスズメの卵に色や形が似ていることから名付けられた。一般的にはそばかすとも言う。
投稿者 小宗クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ほくろ
ほくろ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ほくろ(黒子、mole)は、皮膚の一部にメラニン色素を含む細胞=メラノサイトが、周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種。メラノサイトが一層に並んでいるものを、狭義の黒子(こくし、lentigo)と言い、メラノサイトが重層したもの(しばしば持ち上げられた表皮が盛り上がって見える)を色素性母斑(pigmented nevus)あるいは母斑細胞性母斑(nevus cell nevus/nevocellular nevus)と言う(この場合、母斑を形成するメラノサイトを特に母斑細胞(nevus cell/nevocyte)と呼ぶ)。体表からは、黒く見えるのが一般的であるが、深い部分でのメラノサイトの増殖の場合、青く見えることもある(青色母斑という)。一般には過誤腫的なものと考えられているが、WHO分類分類では色素性母斑に限っては良性腫瘍として扱い、ICD-Oコード付けが成されている(8720/0など)。
投稿者 小宗クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
6