エステは大阪心斎橋のコムネクリニック|皮膚科・ほうれい線
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

形成外科学2
適応
代表的なものは以下のとおり。 * 新鮮熱傷(やけど) o 小範囲熱傷 o 広範囲熱傷 o 電気熱傷(電撃傷) o 化学熱傷 o 凍傷 * 顔面骨骨折、顔面軟部組織損傷 o 顔面骨折 o 顔面神経損傷 o 涙小管損傷 * 唇裂、口蓋裂 o 唇裂 o 口蓋裂 o 顎裂骨移植 * 手、足の先天異常、損傷 o 切断指再接着 o 合指症 o 多指症 o 裂手症 * その他の先天異常(主に奇形が体表面の醜状を主訴とするもの) o 漏斗胸 o 頭蓋骨早期癒合症 o 顔面裂 o 小耳症 o 副耳 o 副乳 * 母斑、および良性腫瘍 o 母斑細胞性母斑 o 血管腫 o 脂肪腫 o 粉瘤腫 o ガングリオン o 太田母斑 o 脂腺母斑 * 悪性腫瘍とそれに関連する再建 o 皮膚癌全般および中胚葉由来の軟部組織肉腫 o 頭頚部再建 o 乳房再建 * 外傷などによる皮膚異常 o 瘢痕拘縮(はんこんこうしゅく) o 肥厚性瘢痕 o ケロイド o 外傷性刺青 * 褥瘡(じょくそう)、難治性潰瘍 o 褥瘡 o 難治性潰瘍 * その他 o 性同一性障害 o 禿髪(とくはつ) o 腋臭症
投稿者 小宗クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
形成外科学
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: ナビゲーション, 検索 形成外科学(けいせいげかがく、Plastic and Reconstructive Surgery)とは、先天的あるいは後天的な身体外表の醜状変形に対して、機能はもとより形態解剖学的に正常にすることで、個人を社会に適応させる事を目的とする外科学の一分野。 場合により皮膚科学、美容外科学、整形外科学、耳鼻咽喉科学、外科学と連携し治療に当たる。
投稿者 小宗クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
                   
11