エステは大阪心斎橋のコムネクリニック|皮膚科・ほうれい線
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

まぶたのお話
まぶた 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まぶた(瞼)は、目を覆い保護する皮膚、筋、脂肪などの身体組織。眼瞼(がんけん)ともいう。 上まぶた(上眼瞼)と下まぶた(下眼瞼)がある。
投稿者 小宗クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
レーザー脱毛2

手術前後のケア [編集] 手術前 手術前には、可能であれば化粧品などで「保湿」をしっかりとしておくことで、肌の状態を良好に保つことができる。また、日焼けには十分に注意する必要がある。特に顔などの場合には、あとあとのトラブルを起こさないためにも、保湿・日焼けは注意する必要がある(ただし施術当日はチタンなど「金属の含まれた日焼け止め」を付けていてはいけない)。
投稿者 小宗クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
レーザー脱毛
レーザー脱毛 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レーザー脱毛(レーザーだつもう)とは、レーザー光が特定の色に吸収されるという特性を用いた、脱毛方法のひとつ。レーザーの種類としては固体レーザーとなる。照射には医師免許が必要とされるが、エステティックなどでも使用されているため、クリニックでの照射を医療レーザー脱毛と区別して呼ぶこともある。
投稿者 小宗クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
脱毛2
体毛を処理する理由
脱毛の理由はさまざまである。文化的には、古代から体毛を除去する慣習が知られており、例えば古代ギリシャのアリストパネスによる戯曲『女の平和』には、女性どうしが、浴場で、話し相手のきれいに脱毛された下腹部を話題にする描写がある。タンクトップや短いスカートの着用にあたって、皮膚が露出する部分の腋毛やすね毛は剃毛するか脱毛するかということが一種の身だしなみとなった。ドミニク・アングルが19世紀に描いた女性の体には腋毛や陰毛が認められない。 男性にも長い間髭を剃るという慣習はあったが、日常的には髭以外の体毛処理はあまり行われず、例外的に自転車競技の選手が、脚の毛を怪我に備えての処理するくらいで、美容目的ではボディビルダーが全身を脱毛する位であった。 医学的な理由としては、逆まつげや小耳症、また多毛症のための処置などが初期の理由としてあげられる。その後、美容的な理由による針脱毛やレーザー脱毛が行われるようになった。 1980年代からは、男性も毛深いことを好まず体毛の処理に関心を抱くようになった[2]。このような状況の中で、メンズエステと呼ばれる男性向けのエステティックサロンがいくつも営業を開始した。さらに、レーザー脱毛が普及すると、体毛のほかに、髭をすべて脱毛したり少しだけ残す男性も増えてきた。 2000年前後から、海外で下腹部、性器、肛門の周囲に生えている陰毛を脱毛するブラジリアンワックス脱毛が盛んになっており、このことが女性向けの雑誌でも紹介されるようになっている[3]。こうして日本でもブラジリアンワックス脱毛や陰毛に対するレーザー脱毛の施術が行われるようになっているが、美容上の理由のほか、ナプキンの粘着剤に毛が貼りつかない、清潔を保ちやすい、小さなビキニを着用しても毛がはみ出さないなどの利点がある
投稿者 小宗クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
脱毛
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
脱毛は、体毛を意図的に除去することであり、美容あるいは身だしなみの観点から行われる。ワックス脱毛、針脱毛、レーザー脱毛、脱毛機など各種の方法がある。 かつては女性による脱毛が主流であったが、近年は男性も行う事が少なくない。
投稿者 小宗クリニック① | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
                 
10