エステは大阪心斎橋のコムネクリニック|皮膚科・ほうれい線
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

韓国の美容外科事情 ※ウィキペディアより引用

韓国では美容整形が盛んでソウル江南区の新沙洞・狎鴎亭洞・清潭洞の一帯だけで100軒を超える美容形成医院が立ち並び、「美容整形大国」などと称される。[2] ライセンシング・マガジン『ELLE Korea』(ELLEの韓国版)が20~30代の女性9,324人を対象に行った調査によると、76%が整形手術を受けた、と答えている。[3]韓国でも以前は美容外科を利用した事実を隠す傾向があったが、主に芸能界において施術を告白することが「潔い」とされるようになるに従い、一般人においても美容手術を忌避する傾向が弱まった。 近年では、老若男女を問わず美容外科手術を受ける「サイボーグ共和国」となっていると、韓国メディアによって報じられている。その一例として、親が子に美容形成手術を入学祝いに、高校の卒業写真を撮る前になどといった形で受けさせる...といったことがある。また、採用専門企業コリアリクルートが、就職をするために整形した事があるかとのアンケートを求職者706人にした結果、22.4パーセントが「ある」と回答したことを明らかにしている。[4][5] 美容形成ブームの過熱に伴って、無免許医が横行して無免許医の施術がおこなわれたり、整形中毒になってしまい結果的に顔面が崩壊してしまった「扇風機おばさん」が社会問題ともなった[6]。彼女は整形手術ブームが加熱する韓国社会に警鐘を鳴らすために自らの姿をマスコミに晒すと言う行動に出、その勇気に賞賛が向けられている。近年では美容外科術を施された美形よりも、韓国人らしい顔が支持される傾向がある。
投稿者 小宗クリニック① (2010年5月18日 11:20) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :