エステは大阪心斎橋のコムネクリニック|皮膚科・ほうれい線
HOME>院長ブログ1

院長ブログ1

ヒアルロン酸とほうれい線
ほうれい線を改善するためのヒアルロン酸注射

口元と頬の境界のシワ、「ほうれい線」(鼻唇溝とも言います)は頬のタルミが重みで下にしわ寄せが出来きてしまって、深い陰に見えてしまいます。
ご存知のように、手術で耳の周りから皮膚を引っ張り上げるフェイスリフトがあります。
これに対して、手軽に注入・注射(ヒアルロン酸を使います)で、ほうれい線(鼻唇溝)をある程度緩和することができます。
風船に空気を吹き込んで、ふくらましてハリを出すような感じです。治療する部位にふくらませるためのヒアルロン酸を注入・注射するのです。
口元と頬の陰の程度、ほうれい線の深さ程度によって、どのくらいのヒアルロン酸を注入するか決めます。少ない量で自然な感じに目立たずに(ご本人だけが分る程度に)仕上げることも可能です。また、多めに注入してはっきり変化を求めたい場合もありますから、ご希望を事前に確認しておきます。
迷われる方は、すこし期間をあけて、段階的にヒアルロン酸を注入・注射してもいいと思います。
投稿者 小宗クリニック① (2010年2月24日 17:56) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :